予防対策をチェックしておこう│皮膚病から大切な犬を守ろう

動物
飼い主とペット

かけがえのない存在として

チワワとミニチュアダックスフントのミックス犬であるチワックスは、飼い主にとてもフレンドリーな犬種です。警戒心が強く人見知りする傾向もありますが、犬との深い結びつきを求めている方にとっては最高の犬種です。

ペットに多い皮膚の病気

動物病院

犬が最も発症しやすい病気が皮膚病です。動物病院にペットの犬の異常について相談に来る、約8割以上が皮膚病による症状というデータもあります。犬の皮膚病において、多く見られる症状が、体を掻き続ける、膿が出ている、発疹が出ているなどの症状です。体をしきりに掻き続けている場合は、細菌性皮膚炎、ノミの寄生、アレルギー性皮膚炎などの可能性が高いとされています。膿が出ている場合は、ほぼ確実に細菌性皮膚炎とされています。そして体に発疹が見られたら、接触性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎の可能性が高いとされています。これらの症状が現れた場合は、様子を見ることなく、すぐに動物病院を受診するようにして下さい。特にノミの寄生は重症化すると血管内にまでノミが侵入していき、命に関わることもあるので注意が必要とされています。これらの犬の皮膚病の対策・予防として最も重要なのが、日頃から肌を清潔に保つこととされています。ただしシャンプーの量や回数が多過ぎると、肌へ負担がかかってしまい逆効果となることもあります。シャンプーの量や回数は犬の大きさや毛の量、毛の長さ、肌の性質によっても異なります。犬を飼い始めたら、シャンプーの仕方を一度、動物病院に相談しておくと安心でしょう。また最近では、ペットの肌ケアを目的としたペット専用の化粧水も増えてきています。過去に皮膚病を発症したことがある、また特に肌が弱い犬を飼われている方は、ペット用の化粧水を使用すると良いでしょう。

お墓

パートナーとの別れ

ペットは人間よりも寿命が短いため、いつかはお別れをすることになります。その際には、ペットが死んだときに人間と同じように、本格的にペット葬儀を行う茨城の人たちもいます。ペット葬儀を行う業者も、茨城には多くあります。

犬

ブリーダーから購入する

柴犬の子犬を購入するときにはペットショップではなくブリーダーから買うことをおすすめします。それというのも、2つのメリットがあるからです。見た目も可愛らしくて性格も良い子犬や優秀な血統を持った子犬を購入できるからです。